シベリウス:ヴァイオリン協奏曲ニ短調

交響曲第2番と第3番の間に作曲されたこの曲は、初期の作品に分類されることが多いが、後期の作品に通じるような不思議な雰囲気も併せ持っており、その意味で過渡的な作品と思う。 1892 交響詩「エン・サガ」 1893 「カレリア」組曲 1893~95 レンミンカイネン組曲(4つの伝説曲) 1899 交響詩「フィンランディア」 189…
コメント:0

続きを読むread more