モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調K314

この曲のCDは数えきれないくらい持っているが、聴くことがあるのは2枚しかない。

私にとっての決定盤は
○コッホ/カラヤン=ベルリン・フィル(EMI/1971)
https://www.youtube.com/watch?v=0EF7SyWBAo4
次点は
○コッホ/フィルハーモニッシェ・ゾリステン、ベルリン(EMI/1969)
ということになる。

シュタインス、クレメント、パッシンたちはこの曲の録音を残さなかったが、一度はその演奏を聴いてみたかったと思う。

現役奏者でぜひ録音して欲しいと思っている人たちは下記の通り。
マリー=ルイーズ・モデルソン(ミュンヘン・フィル首席)
ラモン・オルテガ・ケロ(バイエルン放送響首席)

そして、シュターツカペレ・ベルリン首席奏者の
クリスティーナ・ゴメス・ゴドイ
モーツァルトとリヒャルト・シュトラウスの協奏曲のCD(Warner Classics)が発売された。
○モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調K314/271k
○R・シュトラウス:オーボエ協奏曲ニ長調Op.144
○オーボエ:クリスティーナ・ゴメス・ゴドイ
○指揮:ダニエル・バレンボイム
○管弦楽:ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団
○収録:2018年7月31日~8月1日/ベルリン、テルデック・スタジオ
https://zauberfloete.seesaa.net/article/202111article_32.html

早速聴いてみた。
やや慎重な演奏で線は細いが、美音でよく歌う演奏になっておりなかなか好ましい。
リヒャルト・シュトラウスの方がある意味自由に吹いており、優れた演奏と思った。
もう少し聴き込んでみたいと思う。

この記事へのコメント

ろーたこっほ
2022年03月09日 03:32
モーツァルトの協奏曲はもちろんコッホの2枚が私にとっても決定盤です。

その他、手持ちのものでは、ゴリツキがかなり良かった記憶があります。

パッシンはモーツァルトの協奏曲を録音しており、LPでは出ていました。
このLPは持っていますが(最近は聞いていない)録音があまり良くなかった記憶があります。

https://www.discogs.com/release/8072326-Wolfgang-Amadeus-Mozart-Hans-Lemke-G%C3%BCnther-Passin-RIAS-Sinfonietta-David-Shallon-Konzerte-F%C3%BCr-Fago
Zauberfloete
2022年03月10日 16:34
ろーたこっほさま
コメントありがとうございます。
パッシンの録音があるとは知りませんでした。
CD化されればぜひ購入したいと思いますが。
M.S.
2022年04月01日 11:38
最近、渡邊潤也さんのYoutubeチャンネル(https://www.youtube.com/channel/UCmsSREQbnOeq95QEFS7ISRQ)が充実しています。コッホの珍しい録音が満載です。モーツァルトは上に挙げられているものと同じようですが、ギーレンとのR.Straussは初めて聴きました。メータとのライブは安永さんのコンマスデビューコンサートだったのでよく覚えていますが、FMで放送したきりだったと思います。他にもハイドンやルブランの協奏曲や3つのロマンスもあってびっくりしています。
パッシンやクレメントの録音も上がってます。お勧めです。
Zauberfloete
2022年04月04日 21:20
M.S.さま
貴重な情報ありがとうございました。
今度聴いてみます。

この記事へのトラックバック