ラドゥ・ルプー氏ご逝去

ルーマニア出身の世界的ピアニストのラドゥ・ルプー/Radu Lupu 氏が17日、スイスのローザンヌで亡くなられた(享年76歳)。
心から哀悼の意を表したい。

ルプー氏の略歴は下記の通り。
1945年 ルーマニア東部ガラツィの生まれ
1959年 ブカレスト音楽院に進みフロリカ・ムジチェスクに学ぶ
1960~1968年 旧ソ連のモスクワ音楽院に留学、スタニスラフ・ネイガウスらに師事
1966年 第2回「ヴァン・クライバーン国際コンクール」優勝
1967年 「エネスコ国際コンクール」優勝
1969年 「リーズ国際ピアノ・コンクール」優勝
1969年秋 ロンドン・デビュー時にデイリー・テレグラフ紙で「千人に一人のリリシスト」と評される
1972年 米国デビュー
1978年 ザルツブルク音楽祭出演
2019年6月 ルツェルンでの公演を最後に演奏活動から引退

先日、「ラドゥ・ルプーは語らない。~沈黙のピアニストをたどる20の素描~」板垣千佳子編(アルテスパブリッシング/2021.11)
を読んだばかりだったので驚いている。
https://zauberfloete.seesaa.net/article/202202article_1.html

私は下記のディスクしか持っていないがどれも名演だった。
○モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467
○モーツァルト:ピアノ協奏曲第12番イ長調K414
ウリ・セガル=イギリス室内管弦楽団(DECCA/1974)
○モーツァルト:ピアノと管楽のための五重奏曲変ホ長調K452
ハン・デ・フリース(オーボエ)、ゲオルク・ピーターソン(クラリネット)、ヴィセンテ・サルソ(ホルン)、ブライアン・ポラード(ファゴット)(DECCA/1984)
○モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲変ホ長調K365
○モーツァルト:2台のピアノのための協奏曲ヘ長調K242(2台用版)
マレイ・ペライア/イギリス室内管弦楽団(SONY/1988)
○モーツァルト:幻想曲ヘ短調K608
○モーツァルト:4手のためのアンダンテと5つの変奏曲ト長調K501
マレイ・ぺライア(SONY/1990)
○シューベルト:即興曲集(DECCA/1992)

なお、YouTube でモーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調が聴ける。
ヴェーグ=WPh による演奏
1991年9月15日、ウィーン、コンツェルトハウスでの収録
https://www.youtube.com/watch?v=k5rzSne2qPA

この記事へのコメント

aokazuya
2022年04月24日 17:28
70代中盤での逝去は早いですね。80代にかけて益々の円熟を期待したかったところです。高校生の頃、女友達に借りて聞いたLPの協奏曲(作曲者忘れました、多分シューマン)のソロがルプー氏だったことを思い出しました。懐かしいです。

この記事へのトラックバック