ヤノフスキ=N響/オーチャード定期

ヤノフスキ指揮「N響オーチャード定期 第119回」が、N響公式YouTubeチャンネルで配信されている。
https://www.nhkso.or.jp/news/20220705.html

曲目等は下記の通り。
○ベートーヴェン:「エグモント」序曲
○ベートーヴェン:交響曲第1番ハ長調作品21
○ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調作品67
○ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調作品93/第2楽章(アンコール)
○指揮:マレク・ヤノフスキ
○管弦楽:NHK交響楽団
○収録:2022年5月8日/Bunkamura オーチャードホール

全般的にオーソドックスで重厚ながら端正な演奏だった思う。
「エグモント」の冒頭の振り方には驚いたが、ダイナミクスは「フォルテ」ということである意味納得する(第5番終楽章72小節なども同様)。
第5番は最近では珍しく倍管で吹かせていた。
メンバー、コンマス:篠崎、木管:神田、𠮷村、伊藤、水谷、ホルン:今井各氏。なお、梶川さんのピッコロはなかなか存在感があった。

カメラワーク、特に第5番第2楽章始め、本来ソロ奏者を映すべき箇所(指揮者あるいは関係ないパートを映していた)が少なくなかった。
音声バランス、第5番は特にティンパニ:レベル下げ過ぎ、木管(特にファゴット):レベル上げ過ぎ、と感じたのは私だけではないだろう。

あと、N響HPが リニューアルされている。
https://www.nhkso.or.jp/index.html

この記事へのコメント