都営大江戸線/都庁前駅

最近、練習で東新宿へ行くことが時々ある。
これまで、都営大江戸線*1 大門から都庁前経由で東新宿へ向かうというルートで通っていた。
しかし何度乗っても、都庁前で乗り換えるのは煩わしい。
慣れていない時は一度、都庁前で、間違って六本木、大門方面の電車に乗ってしまったこともある。
案内/行先表示を見なかったためなのだが、同じホームの両番線とも同じ方向(乗って来た電車とは反対方向)から電車が入ってくる*2 ということも間違えやすい原因と思う。
以下、都庁前駅の配線図(Wikipediaより)。
都庁前駅配線図.jpg
1番線:光が丘発、六本木、大門方面行き
2番線:(始発)飯田橋、両国方面行き
3番線:都庁前行き終点/降車専用
4番線:練馬方面、光が丘行き
ということで、大門方面から(上図右下側から)乗って来た場合、4番線に到着するので、一旦階段を上がって隣のホーム2番線に乗り換えることになる。
(このホーム番線配置は光が丘方面から乗って来た人、あるいは光が丘方面に向かう人への乗換えを重視した結果と思われる)

なお先日初めて、このルートではなく、JR新宿まで行き、都営大江戸線新宿西口駅を利用してみた。
新宿西口駅というのは、丸の内線乗り場よりさらに先の地下にあるため、
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/shinjuku-nishiguchi.html#solid
乗り換えに5~6分はかかるのだが、品川ー東新宿のルートとしては、大門、都庁前経由よりは多少早いしスッキリしている。
https://zauberfloete.seesaa.net/article/202110article_6.html


*1)都営大江戸線は、起点:都庁前、終点:光が丘
一見環状線に見えるが、「循環型」運転ではなく「6の字型」運転されている
○光が丘発ー都庁前ー大門ー両国ー都庁前着のルート(内回り)
○都庁前発ー両国ー大門ー都庁前ー光が丘着のルート(外回り)

都営地下鉄のHPをみると、
各駅情報は新宿西口(E-01)ー光が丘(E-38)の順に書かれている
https://www.kotsu.metro.tokyo.jp/subway/stations/

*2)1,2番線とも電車は上図左側から入ってくる

この記事へのコメント