足先の痺れと中指第一関節の痛み

オペラ公演もやっと終わったので近くのクリニックの総合診療科を受診した。
以前から寝ている時に足がつることは時々はあったが、今回のオペラ公演中、毎晩のようにひどく足がつった(水分不足?)ため、今後のためにも「芍薬甘草湯」を処方してもらう。

次に、両足指の痺れ。
以前の診断で脊柱管狭窄症によるものでは、と言われていたのだが、最近やや悪化してきたような気もするため念のため診てもらう。
→マヒしたりしない限りそのままで様子をみるしかない、あまり気にしないように、とのこと。

最後に、左中指第一関節の痛み/腫れ。
以前からへバーデン結節と言われており、加齢に伴うもので治らないとのこと。
とはいえ、最近始めたテーピングはやった方が良いらしく、塗り薬(抗炎症薬)も処方してもらった。
いずれにしても、進行を遅らせるだけで画期的な治療法というのはないらしい。
今くらいの痛み/動きであればまだ楽器の演奏に支障はないが、これ以上悪くなって自由に動かなくなった場合には引退ということになるのだろう・・・。

この記事へのコメント