ヤマハ GT-2000 売却

1985年に購入したヤマハのレコードプレーヤーGT-2000を売却した。
GT-2000.jpg

ヤマハが1982年に発売した重量級マニュアルプレーヤーシステムで、ターンテーブルは直径374mm、重量5.8kg、プレーヤー全体の重さは28kgという大型のもの。
音質はもちろん優れており10年以上使っていたが、次第にCDの時代になりレコードを聴く機会も減ってきたため、現在の家に引っ越した時以来、梱包したまま押し入れの奥にしまい込んであった。
そろそろ身辺整理も必要と思っていたところ、ちょうど「ビンテージオーディオ高価買取」という新聞記事の中に同種のプレーヤーの金額が載っていたため、電話して査定/買取に来てもらった。

解説書、箱、付属品などはすべて揃っていたのだが、念のための動作確認。
ターンテーブルをセットして動かしてみたところ、一応動くことは動いたが、33 1/3回転のロックがかかる(安定する)までの時間がややかかったこともあり、査定はB。それでも定価の4割程度の見積金額だったので引き取ってもらうことにする。
なお、付属していたオルトフォンMC-20も5000円という値が付いた。

これを機に、不要物の廃棄はもちろん、身の周り/家の中の整理整頓を少しずつ始めたい。

この記事へのコメント