JR東日本 各駅の乗車人員2021

JR東日本エリア内の駅別1日平均の乗車人員が発表されている。
https://www.jreast.co.jp/passenger/
2021年度の結果は下記の通り。

      定期外 定期  合計  前年比
1 新宿  231,486 290,692 522,178 9.5
2 池袋  165,061 242,428 407,490 8.3
3 横浜  117,163 186,595 303,759 4.6
4 東京  124,888 157,750 282,638 4.3
5 渋谷  119,472 129,033 248,505 11.9
6 品川  91,923 120,579 212,502△3.8
7 大宮  73,577 129,583 203,160 7.7
8 北千住 47,082 121,483 168,566 4.5
9 新橋  61,405 106,001 167,406△ 4.5
10 川崎  66,899 95,812 162,712 1.8
11 秋葉原 81,488 80,040 161,529 3.5
12 高田馬場58,002 92,731 150,734 8.0
13 立川  57,166 73,654 130,820 7.2
14 上野  57,534 64,550 122,085 7.0
15 西船橋 42,261 68,418 110,680 6.5
16 船橋  37,500 72,359 109,860 5.8
17 中野  41,964 66,559 108,524 5.1
18 吉祥寺 46,787 61,087 107,875 8.6
19 蒲田  37,473 66,864 104,338 0.8
20 大崎  38,773 64,959 103,733△ 4.7

トップ7は前年度と変わらず、新宿・池袋・横浜・東京・渋谷・品川・大宮。
乗車人員1位の新宿駅は、1日平均52.2万人が利用、2020年度からは9.5%増加となっている。
なお、2018年度は1日平均78.9万人の実績があった。

新宿・池袋・渋谷・高田馬場・吉祥寺などは前年比8~10%の伸びを示している。
品川・新橋・大崎などは前年比4~5%の減少となっている(通勤利用の減少によると思われる)。

この記事へのコメント