出田りあ/マリンバリサイタル

録画しておいた「クラシック倶楽部」を観た。
出田りあ によるマリンバ演奏。
曲目等は下記の通り。

○ラヴェル/出田りあ編曲:組曲「マ・メール・ロワ」から 
1.眠りの森の美女のパヴァーヌ
3.パゴダの女王レドロネット
5.妖精の園
○ラヴェル/出田りあ編曲:「亡き王女のためのパヴァーヌ」
○エリック・サミュ/出田りあ編曲:「シュガーリア」
○バート・プライズマン/出田りあ編曲:「アヴェ・マリア」
○スタンリー・マイヤーズ:「カヴァティーナ」
○ピアソラ/出田りあ編曲:「天使の死」
○エンニオ・モリコーネ/出田りあ編曲:映画「ニュー・シネマ・パラダイス」から
○バート・バカラック/出田りあ編曲:「雨にぬれても」

○マリンバ:出田りあ
○ピアノ:松岡優明
○収録:2022年7月22日/武蔵野市民文化会館大ホール

単調になりがちなマリンバの演奏を、ピアノ伴奏/無伴奏、マレットを4本/2本と持ち替えたり、様々なテクニックで聴かせてくれた。
マリンバの低音は、テレビのスピーカ―ではよく聴こえなかったが、メインシステムで聴けば異なる世界が拡がったのではと思う。

使用していたヤマハの楽器はずいぶん立派なもので、いくらくらいするものかと調べてみたところ、
おそらくこの↓クラス。200万円を超えるようだ。
YM5104A.jpg
https://jp.yamaha.com/products/musical_instruments/percussion/marimbas/ym5104a/index.html

ちなみに、マリンバとシロフォンの違いについて。
ーー音板の裏の形が違う、調律の方法が違う
→マリンバは柔らかくまろやかで管弦楽器にも溶け込むような音、
一方、シロフォンはくっきりとして、しっかり目立つ音、とのこと。
https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/marimba/structure/structure003.html
また、叩く位置によって音色も変わるなど、いろいろと複雑でデリケートな楽器のようである。
https://www.yamaha.com/ja/musical_instrument_guide/marimba/mechanism/mechanism003.html

余談だが、出田りあ の夫君は樫本大進。以下夫婦対談の記事。
https://fujinkoron.jp/articles/-/4654

この記事へのコメント